ビカクシダの胞子発芽には「光」が必要。

気が付けば早いことで2カ月が経過しました。

あのP.willcinkii、

当ブログでは「ねし子」と呼んでいるビカクシダの胞子。

※お分かりかと思いますが「ねし子」というのは愛称であり品種名ではありませんw

 

↓前記事。

 

 

この記事を執筆していると撮影日のは、

2021.1.14になりますので、

本日はちょうど2カ月が経ったところです。

 

蓋を開けてみます。

ばらつきはあるものの、

無事に発芽しているようです。

手前の方が照明が当たり易かったようです。

↓手前
↓中段

 

僅かな差ですが、

LED照明を使っているので、

どうしても光にはばらつきが出来ます。

当て方が雑なだけw

しかしながらこの雑さのおかげで、

「胞子が発芽するのには光が必要」ということが分かりました。笑

今度余裕があれば、

・真っ暗環境

・窓際環境

・LED下

で実験してみたいと思います。

 

ちなみに使用しているLEDはこれ。

コレ。

アクアリウム用ですが、

胞子培養や子株管理にはそれなりに使えます。

 

ケース内は他の株もあるので約50㎝離れた距離からです。

ゆっくり愛でていきたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事