【約3年後】リドレイの胞子培養を始めてからようやく...

遡ること2016年の6月。

私は自分で育てているリドレイから採れた、

初めての胞子を撒きました。

↓初胞子撒き。

 

人生初の胞子培養開始です。

それから約3年という月日が経ち、

現在その胞子培養はと言いますと...

↓2021.2

リドレイイイイイイ!!!笑

しっかりとリドレイになりました。

勿論ここまで成功している子は少ないですし、

かなりの数ロストしました。

↓前記事。

 

しかしながら、

ようやく形になりました。

リドレイ。

 

かつて、

それこそ5年前は高額過ぎて、

大株にはなかなか手が出せずにいたリドレイ。

 

小さい抜き苗を購入し、

それを育て、

胞子を付け、

それを撒き、

長い時間をかけ形になりました。

 

寒さに弱いというリドレイですが、

このリドレイに関しては、

最低気温10℃の環境でも成長をし続けるポテンシャルを持っています。

やはりビカクシダも実生環境で、

その株の性質は現地の株とは大きく変わるのだと実感しました。

 

 

まだまだ子苗であることには変わりないけれど、

胞子葉が2枚展開している姿には凛々しさを感じます。

 

ちなみにまだ板付にしていない子たちもちらほらいます。

勿論それ程多くはないですし、

私はどちらかと言えば胞子培養は下手くそな人間です。

もっと短期間でこの形にする人も居ることでしょう。

それでもなんとかここまでこれたことを、

誇らしく、

そして何よりとても嬉しく思います。

めっちゃリドレイ祭りやん!

この胞子培養リドレイに関しては、

おそらくBASEにて販売することでしょう。

せっかく0から自分でここまで大きくしたので、

とても愛着があるのですが、

正直リドレイに関してはこの親株とワイルド株で手一杯な私です。

 

もしリドレイにご興味があり、

大切にしてくれる方がいらっしゃったら...

その際はよろしくお願いします。

Sponsored Link

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事