P.Hillii cv.stormの胞子栽培品がヤバい!

毎年のことながら、

この時期は花粉にやられております。

やい、スギ花粉。

今年もやるじゃないか...

 

↓前記事。

 

遡ること昨年の夏。

私はとあるヒリーをお迎えしておりました。

それがあのP.Hillii cv.stormの胞子栽培品で、

更にその選抜株。

当ブログではcv.storm spore#3として、

成長の記録を付けております。

 

今回はそのstorm spore#3の記録になります。

まずはお迎え時の姿から。

↓2020.5

小さいながらもその葉からすでに個性を感じます。

選抜されただけあるな...

っと感じました。

 

そして約9カ月が経過した現在の姿がこちら。

↓2021.3

いやはや、

もうこれとんでもない胞子葉を出しています。

この安定感のなさ。

そして文字ではどうしてもお伝えすることが出来ない、

葉の硬さ

まだまだ幼苗なのにもかからず、

その個性は他の追随許しません。

分岐こそ少ないものの、

新しい胞子葉が出るたびに、

未知なる扉が開く感覚をこの子には覚えます。

 

ちなみに、

同じstorm sporeとしてもう1株あります。

↓storm spore

勿論この子も素晴らしい葉性ではあります。

それなのにどうしても#3には敵わない...

楽しみ過ぎますね。

 

もう2,3年後の姿が...

全く想像尽きません。

これだからヒリーには夢があるんですね。

Sponsored Link

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事