P.Hillii cv.paopaoの胞子葉がキテいる。

先日も同じような記事を書きましたネ...?

 

↓前記事。

その後1カ月が経ちました。

僅かな期間で...

こうなりました。

↓2021.5

片手持ち辛いww

しっかりと日に当てて育てているので、

胞子葉もエッジが効いています。

分岐数こそ多くはありませんが、

十分に豊かな表現のあるヒリーです。

表面のスジも濃く、

淵はキレッキレです。

 

そして驚くのはこの胞子嚢。

分厚く広い。

ただ眺めているだけで鼻息が荒くなりますよコレハ。

っということで今日はこの辺で...

たぶん来月もパオさんの記事書くと思います...w
Sponsored Link

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事