P.Hillii cv.paopaoの成長記録1年後。

当記事執筆時現在(7/26)、

プレ企画開始から2日が経ちました。

僅か2日で驚くほどのご応募頂き、

ちょっと(かなり)冷や汗...

な私です...(アリガトウゴザイマス!)

 

↓前記事。

 

1.P.Hillii cv.paopaoの1年後。

っということで本日は、

私がちょうど1年前にお迎えしたヒリーのお話。

ヒリーにも様々な種がありますが、

その中でこの種を知った時からずっと憧れていた子。

それが今回のP.Hillii cv.paopao(以後ぱおさん)になります。

 

まずはお迎え時1年前の姿から。

とても小さい株でした。

↓2019.7

小さくてもお値段的にはあまり可愛くない、

そんなぱおさんを育て始めることが出来、

とても興奮した覚えがあります。

 

それから約1年が経過した現在がこちら。

↓2020.7

パオーーーン!!!

...イイネ!

 

1年で凄まじい生長を遂げました。

まだまだ理想的な親株の姿には程遠いですが、

その片鱗を垣間見ることが出来なくもない...

そんな雄々しいぱおさんです。

 

1-1.子株も出てきました。

そして私が育てているヒリーはあまり子株を付ける子が少ないのですが、

このぱおさんはあの小さい株から僅か1年で子株を設けております。

大きな子がひとつと、

小さな子がひとつ。

親株を綺麗に作りたいので、

そろそろ大きな子は株分けしようと思います。

 

2.LED下と太陽光下での違い。

ちなみに去年このぱおさんは室内でLED管理をしておりました。

↓2019.12

その当時の葉に比べると、

現在温室で育てている(太陽光)の葉は、

去年のものに比べると白く綺麗に立ち上がっています。

勿論株の成熟具合による差も大いにあると思いますが、

やはり太陽光を真上から当てることが、

この手のビカクシダを綺麗に作るコツなのかもしれません。

トリコーム剥がれてないだけ...?w

 

3.まとめっというか感想。

まだまだ幼いにも関わらず、

このぱおさんは非常に個性が強いヒリーさんです。

きっと来年くらいにはもっとパオパオしてくれるのだと思います。

今年からは厳しめにスパルタ管理で行きたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事