パルダリウムでシリケンイモリを飼う。

昨日も逆立ちに挑戦してみました。

1-2秒であれば出来るようになりました。

※逆立ち出来てません。

 

さて、遡ること1カ月前

すごく雑に立ち上げたパルダリウムを、

これじゃだめ、愛せない!と思い、

密かに土壌改良を施していました。

ホマを抜き、

穴を掘り、

土留めする。

 

そして先日、

こんなものを作成し、

底面までぶっ挿して、

エアリフトで水を撹拌させる。

 

少しでも水の流れが出来るだけで、

パルダリウム内の景観も環境もグッと良くなると信じています。

 

全景。

相変わらず酷いレイアウト...

ホマが...でかい...

センタープランツがガジュマルの挿し木...

 

 

 

そしてついに生体を投入。

 

近所のホームセンターに居ました。

シリケンイモリです。

アカハライモリと悩んだですが、

どうやらシリケンの方が暑さにも強く、

上陸傾向が強いそうなので、

アカハラの倍の金額を支払い購入。

 

投入後、

「ここは一体どこなんだ!」

「脱出経路を確認せねば!」

っと言わんばかりに崖をよじ登ってました。

 

ははは。

どうせそんなことだろうと思って、

すでに対策は打ってある。

 

見ろこの蓋を!

塩ビ板とアルミアングルで隙間なしだぜ...!

 

お迎え2日目の朝。

早速ご飯を置いてみました。

乾燥赤虫をふやかしたものです。

↑一応興味を示してるのですぐに食いつくはず。

 

ジャングルを歩く一匹のイモリ。

なんだかこのパルダリウムも愛せる気がしてきました。

 

 

 

おまけ。

蘭のパルダリウムでは開花シーズンを迎えました。

フウランのほかにもメディオカルカもオレンジの花を咲かせています。

良い!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事