ブセファランドラの株分け方法。≪ブセファランドラ・カユラピス≫

先日パルダリウム記事で紹介したブセファランドラ・カユラピス。

もう少し数を増やしたので今回はピンチカットという手法で増やしてみることにしました。

 

1.ブセファランドラの株分け。

ブセファランドラは茎のような部分を切ることで株分けすることが出来ます。

この株分け方法を「ピンチカット」と言います。

水草のトリミングと要領はほとんど一緒です。

トリミングした頂点はそのまま新しい根を出し生長し続け、

切られた下葉の部分は新しい葉を展開して株が増えていくという仕組み。

ピンチカットした後は、

アクアリウムなら石に巻き付けて沈めておけば勝手に生長し始めますし、

今回はパルダリウム内での作業なので、

ただハサミを入れて切るだけの超簡単作業です。

 

2.ピンチカットしてみた。

それでは実際にピンチカットしてみましょう。

↓のカユラピスの赤丸部分に刃を入れてみたいと思います。

慎重にハサミを入れて...

カツッ!

これでピンチカット完了です。笑

(今回は水上での作業なのでマジ手抜き満載でお送りしました。)

 

3.ピンチカットに必要な株の大きさ。

株を増やしたからピンチカットをするんですが、

元株の大きさが未熟な場合、

カットした芽も、

カットされた方もダメージを受けただけでその後生長しない場合もあります。

じゃあどの程度の大きさがあればピンチカットしていいのかという疑問が産まれますが、

これについて私が基準としているのは、

・芋の太さ

・ピンチカットした芽に葉が5~6枚付いていること。

あくまでも私が基準としているものなので参考程度に捉えてください。

しかし葉がついてなくて芋だけの状態になってもブセは復活するくらい丈夫な草です。

芋を粉々にするくらいでなければ、

時間はかかりますが復活するかもしれません。

 

4.まとめ。

・ブセファランドラはピンチカットで増やせる!

・芋の大きさと葉数を見てピンチカットできるか確認しよう!

 

本来ならピンチカット後の処理まで記事にした方がわかりやすかったんですが、

色々と事情があり今回はこのような形で幕を閉じたいと思います。

(面倒臭かっただけ)

何卒宜しくお願い申し上げます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事