レナンセラ・モナチカの成長記録、1年半後。

あまりメジャーではない洋ランなので、

ネットでいくら検索しても育て方に巡り合えず、

手探り状態での栽培となっております。

 

でもそんな植物だから面白い。

いつだって何だって、

自分で見つけていく知っていく、

未知との遭遇していきたいものです。

 

↓前記事。

 

1.レナンセラ・モナチカの1年半後。

っということで本日は、

気が付けば1年半っという月日の中で、

2度の冬越しを経験し、

きっといくつもの峠を越えてきたことでしょう。

そんな洋ラン、

レナンセラ・モナチカのお話です。

 

まずはお迎え時の姿から。

↓2019.1

 

もともと鉢植えの子だったのですが、

非常に状態が悪く根がほとんど枯れている状態でした。

しかしながら彼も着生蘭の1種っということを知り、

ハンギング仕立てにしてみました。

 

そしてこの姿から1年半が経過した現在がこちら。

↓2020.7

暗ッ!黒ッ!w

曇り空の日に撮影したので闇タイプ化しております...笑

購入時に付いていた葉はほとんど落ちてしまいましたが、

今もなんとかその息を繋いでらっしゃいます...

 

1-1.めちゃくちゃ成長遅い。

そもそも洋ランはそれ程成長の早い植物ではありませんが、

中でもこのレナンセラ・モナチカはめちゃくちゃ成長遅いです。

そして根の動きも春から夏にかけてしか動かず、

それも漏れなく本数が少なく成長が遅いです。笑

 

この子が開花サイズになるのはいつになるのやら...

それまで枯らさずに管理していけるか...

ちょっと自信ありません...w

 

2.赤い根が素敵。

着生蘭の根は太く水を吸うと緑がかるのものが多いですが、

このレナンセラ・モナチカの根は、

なんと真っ赤なのです。

そして他の蘭に比べて根の質感もごつごつとしています。

小さな蘭ではありますが、

この根からは生長する凄まじいエネルギーを感じます。

 

とても不思議な洋ランさんです。

 

3.まとめっというか感想。

ネットで検索すると、

このレナンセラ・モナチカの花は非常に美しいそうなので、

いつの日かこの子の花を拝んでみたいものですが、

現状を見るとそれはまた雲の彼方...

のような気がします。

葉の色もあまりよくないし、

今年は液肥なども与えつつ、

試行錯誤しながら生育を見守りたいと思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事