ステマリアの子株が大きくなりすぎて不安です。

私が最も苦手というか、

全然上手に育てることが出来ていない子。

冬は休眠してしまうし、

育て上げるなら今なのですが、

夏場もいまいちでございまして...

 

↓前記事。

 

1.ステマリアが苦手です。

っということで本日は、

本当に残念です...

またしても、

ステマリアがいまいちな状態です。

春の状態に比べれば、

青々して綺麗な葉ではあるのですが...

↓2020.10 現在。

貯水葉が綺麗に伸びてくれませんでした。

昨年と管理はほとんど変えていないのですが、

温室内が暑すぎたのかもしれません。

貯水葉の成長が途中でストップしています。

申し訳ない...

 

1-1.子株は超元気です。

ただこのステマリアさん。

現在大量の子株が出ており、

更に子株がとても元気に成長しています。

成長速度的には子株の方が早いかな?くらいです。

親株のことを考えると少し不安なところ。

 

2.子株は潰すべき。

やはりこの手のビカクシダは、

子株を多くは吹きますが、

全てを生かそうとせずに適宜に間引いて親株をしっかり作ってあげる必要があるようです。

多くの子株を吹けば、

親はその多くの子株にエネルギーを注ぎます。

頑張ってるんだなあ...

最悪親株の元気がなくなってしまうことも考えられます。

 

次の休みには心を鬼にして、

このステマリアさんの子たちを潰してあげたいと思います。

 

3.まとめっというか感想。

あとちょっとした問題で、

このステマリアさんには現在ワラジムシが大量に棲みついております。

何故か分かりませんが、

他のビカクシダに比べてそれはもうおびただしい数の。

あまり大量過ぎると、

さすがにコンポスト内の状態も不安になります。

枯れこんだ葉を食べられる勢いが早すぎて、

ビカクの根張りスペースがなくなってしまう心配も...w

 

適宜に間引きたいと思います。笑

にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事