【P.Dawboy】ビカクシダの見ごろシリーズ。

ふと温室の隅に目をやると、

そこには春夏秋冬とそこに鎮座されている彼がおりました。

そう、

ダウボーイさんです。

今現在彼は貯水葉があまり綺麗に作れていませんが、

胞子葉はビンビンと立ち上がり、

葉先には沢山の胞子をつけています。

これがまた表から見ても、

裏から見ても、

興奮する葉です。

そして沢山の胞子葉が重なり合うことで、

見応えが増していくばかり。

先ほど貯水葉を上手く作り込めていないと言いましたが、

それは「形」的な話で、

実はこの貯水葉にはダウボーイの片親でもある、

アルマダのような表現が現れてきています。

少しぼこぼこしているのがお分かり頂けますでしょうか?

アルマダも長く育て、

それなりに強い光で仕上げることによって、

貯水葉の頭部が凸凹してきます。

 

勿論ダウボーイにはマダガスカリエンセの血もありますので、

こちらも貯水葉に凸凹する性質がありますが、

この頭部の凸凹はアルマダの個性かと感じます。

長く作り込むことで、

胞子葉も貯水葉も、

とんでもなく美種。

 

色々な育て方をしてきました。

 

そして色々な姿を見せてくれました。

 

ホント好きな品種、

今日はP.Dawboyさんでした。

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事