これが私のP.Hillii cv.panamaです。

このビカクシダ、

お迎え時はまだまだ可愛いサイズで、

将来像も予想がつかないような姿をしていました。

しかしながら今どうでしょう。

 

とんでもなく美しい姿をしているではありませんか。

P.Hillii cv.panama

 

ヒリーと言えば、

今は風神だか雷神だか、

ゲイシャだかと...

ちやほやされている種も多い中、

panamaさんって何故かフィーチャーされてない...

全然人気ないようにさえ思えますw

だからどうこうって訳ではありませんが...

 

とりあえず私はすごく好きなヒリーさんです。

 

年を重ねるごとに表現を増すその胞子葉。

柔らかい雰囲気もありながら、

その葉は硬く、

もっと堂々としても良いんだよと思います。

肥料を多く胞子葉をより肥大化させれば、

きっとまた違う姿を見せてくれるんだとも思います。

きっとそれもまた良し。

そして今年はついに胞子嚢を付けてくれました。

まだ僅かですが、

この僅かな胞子も記念撒きしたいですね。

パナマさんからの胞子培養はとてもいい夢が見れそうです...

Sponsored Link

◆Twitterはその他日常多め◆

おすすめの記事